東の月見所 ブログ

東の月見所のブログページです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-04 [ Sun ]
 といえばやっぱり裏切りの少女 ~ Judas Kissになりますが、時間的にではなく精神的に手間暇掛かったのはfelysですね。

演出つけるの、やってみると本当に面倒くさいw

“画像の大きさが合わない→合わす→今度は画像が明るすぎて矢印が見難い→調整とテストプレイを繰り返す→合う→たった数秒の差で演出が曲の展開と合わなくなって妙にしっくりこなかったりする→試しに30フレーム早く設定→まだ遅い→60フレーム(ry→今度は早すぎ→20フレーム遅く→ようやく合う“

というのがモリモリ出てくるw

felysのように曲の光の粒子とかをつけるならParaDraw使ってそれを作って出来たものでスプライト作って…と言葉に並べるだけでも面倒くさい;

光の粒子と閃光と光の瞬きは頑張って自前で作りました。いい思い出です。


sample:felys

フラッシュは真っ白な紙(?)を一瞬(5フレーム位)だけ表示させてそれっぽく見せてます。因みに閃光の後に徐々に画像を暗くする(白→黒)のにもコレを使っています(徐々に透明にさせるようにフレームと共に設定、この時スプライトの深度は画像よりも大きくする)。

中盤にある背景のプログラム記号はダンおにソースの文字を真っ黒な400×800のキャンパスサイズの背景にたっぷり書いて下から上に流すことによってロールさせているように見せてます。


sample:felys

んで設定し終わった後に一つ一つの設定の後に“画像を消去“を設定して出した演出スプライトを削除(そのままだと重くなるため)。ん?見直してみるとやっぱりコレが一番時間掛かってるなw

という訳でコレが一番!

変な自慢の仕方ですがね、手間暇掛かった子供は可愛いという感じで手間暇掛かったダンおにはやっぱり自分でも大満足なんです///

φ

 しかしこういうのを考えてみるとスペル譜面とか作っている人は一体どれだけ時間を掛けているのかと疑いますねw

まず合わせるのは当たり前、それに矢印の進行方向の設定(×スペル数)+文字作り+フラッシュエフェクト+ステップゾーンの設定(スペル数)などなどああ口にするだけでダレる…。

某秘密さんとかはかの有名なスペル付きダンおに“竹取飛翔 ~ the Lunatic Princess“を作るのに半年掛かったそうですが…。

さて、職人の皆さんに聞きたい、「最も手間暇かけたダンおにはなんですか?」

トラックバックではありませんw

では ノシ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lunaclock687.blog60.fc2.com/tb.php/542-be9d662f

 | HOME | 

2018-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

CLOCK

Author:CLOCK
ここの管理人のCLOCKです。このブログでは、私のダンおに作成日記や東方系の話を展開させています。

本家はリンクから行けます。

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

質問や意見などをどうぞ。

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。